08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.27 (Wed)

2013.2.23

 去年の12月から、この日を密かに密かに待っていた。
 職場のYさんとふたりで秩父のホンキートンクに行くのだ。木村充揮さんと内田勘太郎さんの奇跡のライブだ!Yさんとはいつも一緒に仕事をしていて、身近な仲間はほかに10数名いるが、旅のことは誰も知らない。ひみつ。
 前々日、大雪で列車が運休になったりして天候が心配だったが、無事に電車にも飛行機にも乗れた。なんと言ってもYさんとは職場以外で会ったことはないのがまた新鮮な高揚感を生み出して、わくわくどきどきな旅。知り合って4年くらいになるYさんは以前、札幌で憂歌団を数回、聴きに行ったことがあるそうなので、私が木村さんのライブに行くたびに彼女に報告してきたのだ。今回は「ふたりのライブがあるよ、行く?」と聞くと「行ってもいいよ」という返事。なんとなくあきらめていた私だったがYさんの一言でチケット予約電話をする運びとなったのだ。
 まず東京駅発の、はとバス、二階建てオープンバス「オー・ソラ・ミオ」号で1時間のドライブ。信じられないくらいの快晴で気持ちがいい。その後、電車で埼玉県の秩父へ。山を通り、トンネルをたくさん通って、到着。ホテルにチェックイン後、名物の蕎麦を食べてライブ会場のある皆野町へ電車で向かう。明らかに地元民ではないという人たちが目に付き、きっと目的地が一緒だろうなと思う。
 ホンキートンクの前には寒い中たくさんのお客さんが開場を待っていた。マスターの気遣い、カイロが配られたりした。ライブは本当に涙ものの、素晴らしいライブだった。素晴らしいなぁ~かっこいいなぁ~最高だ!こんな宝みたいなふたりに会えて本当によかった。ふたりの重厚な年輪、その上に更に歴史が重なっていく、それを目の当たりにした。ふたりの勇姿をいつまでも見ていたい気持ちだった。
 翌日は秩父駅前でお土産屋さんをゆっくり見て、空港へ。帰路も順調で、飛行機から見る富士山と夕空はとても美しかった。Yさんと、ゆったり色んな話をしながら旅をして楽しかった。一緒に買ったお土産を職場のみんなに渡した。秩父のライブに一緒に行ってきた、と言うとみんなとても驚いていたので面白かった。「実は・・・私たち付き合ってるんです」ってね。これが男女なら社内恋愛だよね。
 改めて、木村さんの歌やお人柄の素晴らしさを感じたし、勘太郎さんのギターの情熱や美しさを感じた。ふたりの姿を見たいと思っている人は大勢いるだろう。ふたりのライブで懐かしさだけではない、新たなカッコよさをガツンと感じて、強く優しく生きていく一助となるといいなと思う。
 
20:35  |  ライブ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donchantoday.blog68.fc2.com/tb.php/1095-10bbd9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。