07月≪ 2009年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.30 (Sun)

出口調査

 夫はテレビの選挙速報が好き。喜々として見ている。明日、夫はちょうど休みだから深夜まで思う存分楽しめる。
 以前にも書いたが情けないことに私は政治がまったくわからない。数年前に投票所で出口調査の人に声をかけられて「急いでいるので」とお断りしたことがある。本当に急いでいたのだが、時間がないのをいいことにサッと逃げたのだ。はずかしい。
 投票日、必ず夫と私の頭をよぎる出口調査。もちろん私ひとりで行けるけれど、半分冗談で出口調査から私を守るため?「いっしょに行こうね、おかあさん」と夫は言う。「この人には何も聞かないでください、何もわかりません」ってね。
 今日、夫の帰りを待って、ふたりで投票に出かけた。出口調査の人が出口にいるとかいないとか、チラチラ見て話題にしながら玄関に向かう。いた!・・・まずい!目を合わせないようにしよう。投票を終えて出口調査のお姉さんが・・・なんと夫に声をかけた。可笑しい~!まさか夫に!夫はアンケート用紙に記入。思わぬ展開に、あとでふたりで笑った。
 テレビの選挙速報を見ていると、「出口調査で」、「出口調査で」と何度も言っている。開票結果と区別するために頻繁に言っているようだが、この言葉が聞こえるたびに笑いがこみあげてくる。
 
スポンサーサイト
21:00  |  うちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.28 (Fri)

友だち

 転職して7か月。「友だち」と呼びたい人もできた。年上の女性、ちょっと迫力があって、声が大きくて、本当にいつも精一杯働いて、皆が嫌がりそうな仕事を進んでやって、気遣いをするやさしい人。今日、仕事中、彼女は隣の部屋に在庫の薬を探しに行って「あぁーーん」と泣きながら(うそ泣き)戻ってきた。「どうしたんですか?ネズミでも出たんですか?(もちろんネズミなんかいません)」と聞かれ「在庫が無いかと思ったけどあってよかった」と言い、こう言った。「ネズミなんかで泣かないよ。昔、ほうきで叩いて殺してしまったことあるんだから」。ひょえ~~強すぎ!
22:47  |  私のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.27 (Thu)

歯医者

 今日は予約していた歯医者に行った。先週、長男が埼玉に帰る前夜、家族で焼肉を食べに行ったとき奥歯の詰め物がとれたのだ。かぶせたところが中で虫歯になっていてそれで、はずれたということだった。削るとき麻酔をかけずに我慢することで合意。チャレンジ!去年ぐらいにも、こういうことがあったような・・・。
 その後、家で読書。ネットで頼んでいた本が、ちょうど到着。本は一気に全部読みたくて急いで読んであとで具合悪くなる。
 ときどき家に来る通称ヤクルトおばさん。立ち話をしていると自分の家庭の話もチラリ。「成人した子どもと暮らしていて大変で、出て行ってほしいと思うけど、子どもが出て行ってオヤジとふたり、っていうのもこれまたねぇ!」と言うので大笑い。ふたりで居たくて居たくて結婚したんだろうに~変だよね~
 最近、ふと思い浮かんだ2人に駅と電車でそれぞれ偶然に会ったり、郷ひろみの「よろしく哀愁」の歌が、ふと思い浮かんだ数日後、テレビでその歌をやっていたり、ということがあった。特に、どうってことないが、こういう不思議なことはとても好きだ。
18:49  |  私のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.23 (Sun)

 昨日は土曜日で夕方まで仕事。夫はフェスへ。音楽好きな仲間が山に集ってキャンプをしながら外のステージで順々に演奏したり、その辺でジャムをしたり、語ったり、するところだ。私も夫も18歳頃からの夏の大イベントだ。子どもが小さいときは一緒に行ったりもしたが、ここ数年、私と子どもたちは行っていない。来年、次男が家からいなくなったら楽器とテントと寝袋とカセットコンロ持って、夫と行こうと思う。
 夜は久々に母に電話をした。忙しかった夏のことを母に、しゃべりまくる。よかったことも大変だったことも全部、聞いてもらう。聞いてくれてアドバイスしてくれて、気持ちをわかってくれる母の存在に感謝。母に全部、話すことで気持ちの区切りがついた。夏の行事が終わったのだ。よかった。夫がくれた美味なワインを飲んで、いい気持ちで寝た。
 今日午後に夫が帰って来て、フェスの様子を聞いて楽しむ。新しいテントを持って行って友だちと寝たと言うので「それはよかったね、来年はそこにおかあさんも・・・」と予約。
16:04  |  うちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.22 (Sat)

演奏会の話

 先日の演奏会の話。ギター協奏曲があって、ギタリストは市内在住の約60歳のおじさん。とある子どもの施設の施設長さんだ。やさしい人。練習のときいつも緊張が伝わってきて、ハラハラ。私が他人の心配している場合じゃないんだけれど、おじさんが心配。ギターケースをチラッと見たら中に子どもたちからと思われる折り紙がたくさん入っていた。お守りだな・・・おじさん頑張って。 
 祈るような気持ちで迎えた本番。おじさんは今までの、どの練習のときよりも素晴らしい出来だった。私は安堵と嬉しさで涙が出た。よくやった!曲が終わってすぐに舞台裏でおじさんに駆け寄り「よかったです」と握手を求めた。おじさんは、ものすごい力で握り返した。おじさん・・・私の手、折れるって。
21:19  |  私のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.20 (Thu)

ワイン

 我が家の帰省が終わった。昨日は夫の姉が、今日は長男が帰った。昨日と今日は休みをとっていてそれぞれを空港に送った。同じ、朝9時40分の星のマークの飛行機だ。
 7月の最終週から始まった演奏会とお盆と帰省の用事は今日ですべて終了。昨日は本当に1か月ぶりに休日風な休日だった。この期間、私よりも夫が活躍したと思うのだがプレゼントを夫からもらった。夫の姉が一昨日、皆を夕食につれていってくれて、そのとき私は仕事で不参加だったのだが、夫はワイン屋さんで私にワインを選んでくれたらしい。お酒は飲まない夫がワイン屋さんの前で立ち止まり「おかあさんは最近ずっと忙しい中、よく頑張ったからワインを買ってあげよう」と言ったと姉が教えてくれた。夫にお礼を言うと「おかあさん頑張ったね。ヤケ酒、飲みな!」と言っていた。あはは、そういうことか!ワインはピンクのラベルがかわいい。ラベルの色で選んだのかなぁ。
P
 24日間、帰省していた長男は空港への車の中で「もうこんな長い期間、帰ってくることはないと思う」と言った。そんなことを考えるとさびしいので「また帰ってこれるときに帰ってきたらいいよ」と言った。休み中、小樽、士別、岩内と住んでいたところに行った話になり「行けてよかったねぇ」とお互い言った。しみじみそう思った。今度のお正月は受験目前の弟の勉強状況が気になることが予想されるので半分冗談で「ヤだな、帰ってきたくないな」と言っていた。その心配がとてもよくわかるので笑った。「日にちが短くてもいいから帰っておいで、お正月にひとりはさびしいから」と言った。はなれて暮らすようになったら会えることが宝。長男がこんなに大きくなってしまって、この21年、夢みたいにあっという間に過ぎた。
21:12  |  うちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.19 (Wed)

演奏会 

 12日はオーケストラの演奏会だった。リハーサルのとき指揮者の先生が「今朝うちの犬がいなくなっちゃってね、探しに行ってね、いたんだけどね、山(住んでいるところ)の下のほうまで遊びに行っていてね・・・」って。「もう少しで演奏会、中止になるところだったね」という声に笑った。いや~見つかってよかった、山は、とっても広いから見つけるのも大変だ。
 仕事に時間と体力を使うので楽器の練習量も少なく、なんとかたどり着いた演奏会だった。忙しく苦しみながらの日々だった分、終わってみると今までになく満ち足りた気持ちだ。このくらいの忙しさの中でも演奏会で弾けたということが自分の喜びになった。これからも、やっていけそう。練習がんばろう。
 いろんな人のライブを聴きに行く。ライブは楽しい、大好きだ。でも今回気付いた。「私」が一番好きで一番感動するのは自分の出るオーケストラの演奏会だ。こんな感動は、ないね。
14:09  |  私のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.16 (Sun)

お盆

 うちには仏壇があってお盆には用事がたくさんある。8月12日から16日は毎日必須の用事があるのだ。それをほとんどすべて夫にしてもらって私は演奏会と仕事に集中した。
 今日は私は休みでお寺に行く用事を担当した。お寺の納骨堂のお供え物を下げるのだ。お寺は車で15分くらいのところにある。暑い中、お寺の前に着いたときに気付いた。「卒塔婆」を忘れた・・・お盆の期間、水の供養のために家の仏壇の花瓶やコップに立てておく、木の板のようなものだ。お盆前にお寺からもらったそれをお寺に納めなければ・・・忘れるなんて情けない、帰って持ってこよう・・・すぐに家に戻った。
 家に戻ると見覚えのある車が止まっていた。Mちゃん一家だ!来てくれたんだ!
 Mちゃんは夫のいとこで、子どもたちは「はとこ」どうし、7年くらい会っていなくて子どもたちも会いたいと思っていたが今年も札幌から日帰りで実家に来るようだったので、会いに来る時間はないだろうと思っていた。急いで家に入り「卒塔婆を忘れて戻ったらMちゃんたちが来ていた!会えてよかった~」と言った。近くまで昼ごはんを食べに来たので、ちょっと寄ってくれたらしい。家には長男だけがいて会えてうれしいものの突然の来客に戸惑っているところだった。滞在時間は短かったが仲良し4人家族と楽しく話をして笑顔をたくさん見られてよかった。
 お客さんが帰って長男が「(私が)戻ってきてくれてよかったわ、正直どう「さばこう」か困っていたんだ」って。さばく、って可笑しい!
 ご先祖さんが「早く家に帰んなさい、Mちゃんたちが来てるよ!」って教えてくれたとしか思えない出来事だった。
16:44  |  うちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.14 (Fri)

演奏会無事終了

 12日、演奏会が無事に終わった。その日、夫の姉が帰省し家族が5人になった。
 どれくらい疲れているかわからない身体で、とにかく翌日から仕事。たくさんあるお盆の用事は夫にすべてしてもらって私は仕事と家のごはんに一生懸命な日々だ。明日、仕事から帰ってすぐ夕方からの兄弟集合のお盆の宴会がヤマだ。
 演奏会の話は時間がたっぷりあるときにね。
21:49  |  私のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.11 (Tue)

先生

 今日はオーケストラの練習がホールであった。通勤のために駅前の駐車場を借りているのでそこに車を止めていた。夜に練習が終わって駐車場に向かう。ホールからは歩くと15分くらいかかるのでバスに乗った。バスを降りて駐車場に向かってテクテク、フラフラ歩いていると後ろからクラクションが。さっきまでいっしょに過ごしたオーケストラの先生ご夫妻だ!駅にお客さんを送りに来たようだ。わぁ・・・!と近づき「おつかれさまでした~」「あ、車、ここに止めていたんだね」などと会話。そして私に「バイオリン持って、今日は何かあったんですか?」と、とぼけた質問!可笑しい~!フラフラと疲れた足どりを見られてしまったなぁ。お互いハイテンション、笑顔で大きく手を振ってお別れした。明日は本番。
22:37  |  私のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.10 (Mon)

たいへんな練習

 木曜から始まった、たいへんな日々が、ひとまず終了。例年と同じ日程だったのだが何故か今回は疲れを感じた。土日の朝10時から夜8時までの練習ではオーケストラ9年目にして初めて「つらいよ~」と思った。「急に気温が高くなったから皆、疲れているんですよ」と言っている人がいた。ホントに皆さん、お疲れの様子だった。私自身は普段の疲れが出ているのかなとも思った。
 私がオーケストラに入ったとき、子どもたちは中1と小4だった。演奏会直前の土日は丸1日、家から離れて、ずっと楽器が弾けて、食事も用意されていて、楽しくてシアワセで天国みたいに思った。今その喜びは薄れてきた。家から離れてひとりになることは、めずらしいことじゃなくなったし、楽器を長い時間弾くのは、集中力が続かないし、なんだか身体が重くなった。年をとったせいかなぁ、仕事で忙しく生活しているから疲れているのかなぁ。でもうれしい変化も感じた。仕事場では、とにかく接する人すべてに優しくすることが使命なので、オーケストラでも躊躇しないでまわりの人たちと接することができるようになった。以前よりも楽で自由な気分で。
 明日は演奏会前日。いよいよ本番のホールで音を出す。
22:30  |  私のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.06 (Thu)

岩内

 午後1時半から9時近くまでオーケストラの練習で、食料品を買って家に帰ったのは10時だった。夫と長男は岩内への旅から帰って来ていた。とても良い旅だったらしく、よかったわぁと二人とも言っていた。夫は特別に嬉しそうな顔をしていた。岩内はほとんど、どこも変わっていなかったらしい。家も小学校も通学路も公園も岩場の海も、なつかしかったらしい。長男が撮ってきた写真を見せてくれた。本当になつかしい風景。あぁぁ、こんなだったなぁ~
 岩内の隣の共和町は、おいしいとうきびで有名。私と次男に買ってきてくれた、ゆできびは本当に本当に完璧。すばらしい!おいしかった!
 オーケストラは今日から本番の12日まで毎日練習がある。明日は仕事に行って早退して夕方からの練習に向かう。仕事も練習も無事にたどりつくことが目標。私以外の家族は出かけないでお盆の用意や七夕のお菓子の用意(こっち方面の風習で七夕の夜に子どもたちが近所の家をまわってお菓子をもらう)など重要任務をこなしてもらう。助かる。次男が、さっき、洗っていなかったお風呂を洗ってお湯を入れて自分が入る予定だったのにお風呂が出来上がった頃に「すごく眠くなったから寝るわ」と寝てしまった。私のために用意してくれたみたいな流れ。サンキュー。
23:58  |  うちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.06 (Thu)

小樽と岩内

 長男が友だちと小樽に行ってきた。写真をたくさん見せてくれた。実は彼は小樽生まれなのだ。私が住んでいた頃には無かったお寿司屋さん、ガラス屋さん、地ビール屋さんが写真に。どこもおしゃれで素敵。外国みたい。楽しい旅だったようで色んな話をしてくれた。
 勉強に忙しいはずの長男は今日は父親と岩内町へ。小学1、2年生のときに住んでいたところで引っ越して以来、初めて訪れる。岩内でも懐かしいところがたくさんあって昨夜「行ってみたい場所」について話し合っていると私も行きたくなった。行きたいなぁ。
 しかし私は今日から演奏会前の本格練習。毎日練習。やらねばならぬときが来たのだ。練習中ちゃんと弾くことはもちろん重要だが、最低限の用事を済ませて練習場に無事にたどり着くことが重要。あわてずに集中して臨む。
09:40  |  うちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.02 (Sun)

帰省3

 木曜日も私は休みで、夕方にオーケストラの練習だった。長男からのリクエストにより士別に日帰りの旅をした。小学校2、3年生のときに住んでいたところを見に行きたいらしい。子どものときに住んでいたところを見に行きたくなる気持ちは全くよくわかるので、時間に余裕はないが連れて行ってあげたくてOKした。ふたりでドライブだ。
 家を出て郊外に行くと景色の美しさに感激している長男。その道は子どもたちが通っていた、隣町の山の中にある幼稚園への道で田んぼと山々とが続く風景。それをきれいと感じて「すごいところだね、すごいね」を連発し写真をとっている。連れてきた甲斐があったというものだ。私も長男くらいの年齢になったとき山がきれいだなと感じるようになった。
 山の中のなつかしい幼稚園の前を通り、まずは剣淵町へ。絵本の館という子どもの本を集めた図書館がある。士別に住んでいたとき何度か行ったことがあり、行ってみたいと言う。その頃は昔の古い町役場の建物を使っていた。古く風情のある建物が印象に残っているらしい。その建物を改めてよく見てみたいのだ。しかし今は新築されていて元の建物は取り壊されていた。残念がる長男、がっかりしていた。
 次に士別へ。住んでいたところに行ったが家は無くなって更地になっていた。となりのとなりくらいにあった児童会館は、あった。おとうさんと野球ごっこをした広場も同じにあった。徒歩3分のとっても近かった小学校に向った。長男は車を降りて、小学生の自分が歩いていた道を確かめるようにひとりで歩いていた。小学校に着くと玄関、階段、ホール、教室・・・記憶がよみがえった。あぁぁ、そういえば、こんなだった!通っていた本人は私よりもずっと感激していた。いろんなものに声を出して感動していたので私は楽しかった。
 そして士別にある、羊をたくさん飼っているところに行った。羊と雲の家。この施設では世界の羊を飼育していて見たり触れたりできて餌をあげたりもできる、子どもたちの大好きだったところ。すべてが昔のままで笑ってしまう。入口も看板も餌の自販機も、羊のスタンプも。写真をたくさんとる長男。帰り道に剣淵町の温泉に入った。いい旅だった。帰ってきてすぐにオーケストラの練習へ。1日運転して、そして夜遅くまで楽器を弾くなんて・・・倒れそう・・・がんばった。
 長男の記憶にある風景や建物は今あるものもないものもあった。ないのは、やっぱりさびしいね。気になる場所を「それは、ここだよ」と案内できるのは一緒に生きていた親ならでは、だな、楽しいなと思った。いろんな話をしながらふたりでドライブできてよかった。
21:09  |  うちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。